第3回繋がってつくる街フォーラム開催

2019年6月9日第3回繋がってつくる街フォーラムを開催しました。ゲストでお越しくださった医療・福祉ご専門の方々とのトークセッションは、みんなのWaスタッフにとっても大変勉強になりました!「地域包括ケアシステム」と言葉で言っても、実現するのはなかなか難しいと実感します。
病院と、在宅医療との間にさえ、何か大きなギャップ・温度差を感じていましたが、病院の院長先生にこうして地域の輪の中に入って一緒に地域の課題を考える機会を持っていただけたことは大きな一歩と感じています。病院の医療は、高度な医療技術を用いて治すところ、一方の在宅医療はできる限りの医療技術を用いて患者さんの生活を支える機関。そんな病院と在宅医療がうまく連携を図れれば、多くの地域の方々にとって安心できる街になっていくはず、と感じました。
福祉と医療の間もまだまだ分断され壁はありますが、患者さんを支えたい気持ちで一致したとき、病院では家には帰れないといわれた患者さんを地域の住み慣れた家に帰してあげられる、最強の地域ケアチームが生まれることを各事例から感じました。
今後も、最期まで豊かに幸せに暮らしていける街づくりをめざして、地道な活動を続けて参ります!